So-net無料ブログ作成
検索選択

flat 化する業界 [雑文]

先週一週間、アジア某国にある関連会社の技術者向けに、引継ぎを行っていた。

怪しい英語漬けの日々で、あらためて英語力の低下とボキャブラリの無さを痛感したわけだが、それはそれとして、
やはりというか、もはやこの業界は、どこに行ってもオフショア化の流れに逆らうことはできなさそうだ。

そして、それに拍車をかけるのが、来年度から導入されるITプロジェクトへの工事進行基準適用だろう。

工事進行基準の適用について詳しいとこはここでは述べないが(ホットな話題なのでテキトーにぐぐれば出てきます)、
個人的にこれがいちばん大きいのは、工事進行を見積もれる要件定義ができるまでは、工事を始めてはいけないことになっている点だ。

つまり、どのプロジェクトも要件定義をより詳細に行う必要がある、ということになる。

でもって、要件定義が詳細にできれば、基本的には第三国のITベンダーをより活用しやすくなるわけだ。
これまでユーザーとなぁなぁでやってきた部分が、より明確になれば、かえって仕事を外に出しやすくなる。

おそらくは今後数年で、この業界ではたくさん人余りが出るんじゃないかなぁと予想します。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

やま

カナダのIT会社を手伝ったことがあるんだけど、そこはインドに支社作ってプログラマーを置いてた。で、プロジェクト進行途中でどんどん請求書出していくんだよね。「ここまでの進行はOKですね?じゃあサインを」。で、ちゃりーんと。ありゃあ羨ましかった。

まあ下請けにとってはどんぶり勘定が無くなるのはいいことだけど、物作りという面から見ると、途中で変えたくなるもんなんだよなあw
by やま (2008-06-09 08:30) 

nakamura_

不本意ながら(笑)、長いこと UI 部分の仕事をやってましたけど、GUI とかインタラクションに関しては、別の進捗管理とかが必要なんじゃないかなぁ、と感じるこの頃です。

by nakamura_ (2008-06-09 20:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。